Deep Breath

楽しさとは何なのか?

独学の効率を最大化するために

基本的に大学の授業はしっかり受けることが大事だと思うんだけど、そんな中で急に学問的な好奇心がどうにもなく高まって、枠を超えて勉強したいと思う時ってあると思う。そういう時に、大学の授業とは別に一人で勉強してしてくためにはどうすれば良いのかについて、僕が実践してうまくいったことを備忘録的に書いてみた。他にこんなのがあるよ!みたいなものがあったら教えて欲しいです!

(環境)
1.実務的に経験することができる場に追い込む
やらなければならない状況に自分を追い込むことで、問題意識が生まれるので、独学の場合であっても高いモチベーションを保ちながら勉強することができる。僕も、大学に入学した当初から統計の基礎的な知識を身に付けたいと思っていたけど、なかなかやらずじまいになっていた。しかし、留学中にリサーチアシスタントとして統計分析をやらないといけない状況になって、短い時間で知識を身につけることができた(統計に関してはまだまだ勉強不足です笑)
 

2.勉強仲間を作る
違い分野であっても周りに勉強をしている仲間がいると、切磋琢磨しながらやることができる。僕も、弟と一緒に毎週それぞれ勉強する範囲を決めて週末にお互いどれだけできたかゲーム感覚で競争しているが、これは良い。
 
 
3.専門的な相談できる相手を持つ
2番と少しかぶるかもしれないけど、これはとても重要なんで別途で書きたい。先生でも友人でもいいけど、自分と同じ分野を勉強している知り合いを作ってその人に学び方やおすすめの参考書を聞いていくことは、学ぶプロセスを最適化することができる。ここで重要なのが、後輩にも相談する癖をつけておくことだと思う。年に比例して、学力が高いとは必ずしも言えない。もし、後輩の方が先に進んでいるならそこは謙虚に教えてもらった方が良い。これができない対応策としては、ネットで調べることや知恵袋で質問するなどが挙げられるが、これは場合によっては情報を見つけることに時間がかかったり、リスポンスが来るのが遅いという点で非効率であるので、次の項目を読んでもらいたい。
 

4.他大の授業に潜るor 聴講生になる
これは実際に僕がやっていることなんですが、すごくいいです。
 

5.勉強会や自主ゼミを開く
 以前、とある先輩に「自分をモチベートするために環境を”選ぶ”ことと、”作る”ことを交互にやっていく」というお話を聞いた。勉強会を企画することは、時間や手がかかるが、それらのコストに対して、ゲインの方が大きかったらやると良いかもしれない。あと、自分が主催者・プレゼン側にまわった時は、強制的に自分が勉強せざるえない状態になるのでオススメ。


6.お金を払う
お金を払って勉強会や他大の授業などの受講をする場、少しは必死になる。僕も放送大学の授業日を払って授業を受けているんだけど、そうすることによって自分では主体的にやらない分野の勉強をする時間を作ることができた。
 
 
(方法)
7.同じテーマの参考書をいくつかの買う
これは、方法の面で言うと一番大事のような気がする。何か新しい分野を学ぶ場合は、それに関連する教科書を一冊だけではなく、数冊買うことをお勧めする。というのも、それぞれ教科書によって自分にとってしっくりくると思う解説が異なるからである。例えば、分野αであるならば、まず教科書Aを使って勉強することがスタンダードであったとしても、その教科書のある範囲はとても解りにくいor概念を理解するには簡略化されすぎて、元の解釈からかけ離れれている場合がある。この場合、その範囲の解説を誰かに聞くことができれば良いが、独学している以上前述した「相談相手を持つ」というのはなかなか難しい場合が多々ある。そんな時、他の参考書の同一のテーマを扱っている部分を参照することで問題を解決することができることがある。ただ、注意したいのが、この方法をとることで、参考書を買いあさって結局一つの参考書も終わらず、断片的な知識だけ吸収している状態に陥る可能性があるので、あくまでもメインに使う教科書を決めて、それの補助的なものとして他の教科書を使うといいと思う。
 
 
8.できるだけ英語の教科書を使う
英語の教科書は出版する人の数が多いため、数多くある英語圏で出版された教科書の中でも定評があるものについては、かなりわかりやすいものであるという印象を僕は持っている。確かに翻訳版を使っていくことも一つの手であるが、新しい本の場合は基本的に英語で読むことをお勧めしたい。これの理由としては、
 
1.英語で学術用語を知ることができることで、自分が英語で論文や文書を書くときの良い準備になる
2. 翻訳が雑であることが原因で理解ができないというのを防ぐことがで来る
3. 哲学や数学など抽象的な領域であればあるほど、英語の方が理解しやすい

など、英語で読むメリットが多いので、多少読むのに時間がかかってもチャレンジるすると良いかもしれない。

他にもあったら教えてください!