Deep Breath

楽しさとは何なのか?

(後編)自分を知るためにどうすれば良いか?

さて、「自分を知るためにどうすればいいか?」というテーマの後半になります。
今回は、メタ認知を身につけることでどういう効果が期待できるのか。また、どのような方法で身につけることができるのかを紹介したいと思います。
 

効用

では、気になるメタ認知に関する効用を実際に具体例を交えながらご紹介したいと思います。
 
1.自分の能力を正確に測ることができる
自分が持っている知識や能力、置かれている状況に関して客観的に分析することによって、今自分が何が可能であるのか見極めることができます。
例)資格試験に合格しなければいけない場合、メタ認知によって今自分がどれくらいの学力なのかを正確に測ることができます。
 
2.何を習得しないといけないのかが明確になる
1に付随しますが、自分についてそして自分を取り巻く状況について知ることで、この先目標に到達するには、何をどれくらいやる必要があるのかがわかります。1と2の項目からわかることしては、何かゴールがある場合、メタ認知が高いかどうかで始める前に差がついてしまうということになるでしょう。僕が中学生の時に通っていた塾で、できるだけ少ない勉強時間で、最大のアウトプットを出している人がいたのですが、彼がこのようなことができていた所以は、このメタ認知能力の高さからくるかもしれません。
例)試験に向け、どの科目をどれくらい勉強する必要があるのかがわかる
 
3.やりたいことが明確になる
メタ認知を身につけることは、自分の能力だけではなく、何が好きで嫌いかというような感情の部分を知ることも含まれます。さらに、自分の感情に素直に気づくことで、本当に自分が楽しいと思うことだけに取り組むことができるようになります。前の記事で、感情がパフォーマンスにどのように関わってくるのかを簡単に触れたのを覚えていらっしゃるでしょうか。あの記事でも紹介したように、ポジティブな感情を持っているタスクに対しては、圧倒的な持続力と高いモチベーションを保つことができるようになります。またそれだけではなく、自分の軸を明確にしていくことで、進路や就職活動など重要な場面において、周りに流されずに自分にとって最善な判断をすることができるようになります。
例)周りは資格Aを取得しようと思っているが、自分はこの職業に就きたいので違う資格Bに向けて勉強をする必要があると判断することができる。


どのように身につけるのか?
最後に実際に日常生活において、どのようにメタ認知力を身につけていけば良いのかを考えていきたいと思います。もう一回メタ認知とは何かという定義の部分に戻って考えてみましょう。僕は最初の方に、メタ認知とは、「考えていることを考える」や「肝心時ていることを感じる」と簡単に定義しました。ということは、日常的に今何を考えているのか、感じているのかをしっかりと意識する場面を増やしていくことが、私たちのできることだと思います。この具体的な方法については、よくまとまっているサイトがあるのでそこから抜粋してご紹介します。

ポイント

・常に感じていることを感じようと意識しよう。

・検閲/ジャッジせずとにかく観察しよう。

・とにかく外化・言語化していこう→対象化することで認知する+関係性やパターンに気づこう。 →思考/認知/行動が促進する

・いろんな自分の声がある。矛盾してもいい。否定しないで認めよう。
・外からの情報(観た事/聴いたことなど)と感じたことを、分けてメモする習慣をつけよう。 ・解像度を高めていこう。ただ繊細さで認知を止めるのではなくて、どんな繊細さか細かく感じ分けていこう。

・言語化の意味:説明のためではなく、感覚感情を探索するための言語化。言語化できるということはそれ だけ明確に感覚感情をつかめてないとできないのです。言葉を与えてみて、その言葉が自分の感覚感情と 合っているか、しっくり感/違和感を感じてみよう。

・毎日自分の感じていることを集中して感じて書き出す時間を短時間でもとってみよう。

・「感動した」で済まさずに、どのように感じて、どう心が動いたのか。その機微まで言語化してみよう。

・「~と感じた」「~のような感じ」という表現を使おう
→自然と感覚感情に意識が向かう。

・なぜ?どのように?を繰り返して深堀りしてみよう。

・知っている制限された言語で世界の認識を限定するのではなく、出来事/ものごとに自分で言葉を 与える意識。

・感情言語:ただ「うれしい」という言葉で認識するのではなくて、ボキャブラリーを増やすことでより細かく 深く感覚感情を感じたり認識したりできるようになる。

・二重修飾語:修飾語をつけることでより細かく感じてみよう 例:富士山がどかーんと爆発したような嬉しさ
・いろんな感覚感情が混じっていたりする
→今の感覚感情が何と何で組み合わされているか意識してみよう
・自問自答してみよう
・さらにもう一歩深く感じようとしてみよう
・自分の言葉が自分の感覚に対してしっくり来ているかを常に感じよう
→しっくりこなければ書き換えよう

・出来事/行動とそれによって生み出される感覚感情のパターンを掴もう

*1

これらに共通することとしては、自らの感情や思考を言語化する習慣を身につけるということです。それならば、何かをした時または一日の中でこの時間は、自らの感情や思考を言語化すると決めてしまうのが良いでしょう。僕は、感情面を表すために、映画を見た後は、必ず感想を書くようにしていたり、自分の考えていることを知る機会としてこのようにブログを毎日書くようにしています。実際に僕も、ブログと映画の感想を書くようになって、自らの行動や発言、思考に一貫性が出てきたり、パフォーマンスが向上していると感じています。

今回は、少し長い記事になりましたが、最後までおつきあいいただきありがとうございました。皆さんもどんどんメタ認知力を高めてください。それでは良い週末を。